富山県高岡市の氷見牛が食べられる、焼肉・鉄板焼き専門店 「牛屋-鐵-」


牛屋-鐵-のこだわり氷見牛 美味しさの理由

氷見牛を育む風土

能登半島の基部に位置する富山県氷見市は、
海岸線から3000m級の立山連峰が見られる、
世界屈指の景観と海と山の自然の恵みに溢れる都市です。

氷見の中山間地

氷見には、古くから農耕・運搬などに使う
日本在来種の牛が飼われていました。
昭和に入り、兵庫県の但馬より雌牛を導入し、
それに改良を加え脂質の優れた氷見牛となりました。
現在12戸の農家が1300頭の肉牛を愛情込めて
育てており、富山県一の産地となっています。

氷見牛の美味しさ

氷見牛は、肉質・鮮度・脂肪交雑(霜降り度合い)の三拍子そろった逸品。
中山間地の緑豊かな環境の中で、生産者1人ひとりが
愛情と真心を込めて牛と対話しながらストレスを与えないよう
適正な飼育密度を保ち、自家生産の優良粗飼料を
バランスよく与える熟練した肥育技術にあります。
近年では近畿ブロックの品評会で1、2を競うほどの
黒毛和牛として安定出荷されており、氷見牛を使った
氷見牛カレーや氷見牛コロッケなども登場し、
全国的にも知名度が上がってきています。

私たちが届けます

そのおいしい氷見牛をみなさまに届けるために、
徹底した鮮度管理、品質管理をしております。
また、レストラン部門のノウハウで、調理方法も
アドバイスさせていただき、ご家庭でもおいしい氷見牛を
召し上がっていただけるよう、全力でサポートいたします。